3インチトイワールド 仮面ライダーの世界

3インチトイワールド・3inchトイ&ホビーで「仮面ライダー」の世界、をご紹介

掌動-XX仮面ライダー2・仮面ライダーW・サイクロンジョーカー

calendar

「さぁ、お前の罪を数えろ!」


食玩「掌動-XX仮面ライダー2」より今回はアニメも好調な
仮面ライダーWより基本形態「サイクロンジョーカー」をご紹介。
過去にSHODO仮面ライダーVSで登場して以来の、久々の立体化です。
最新仕様で生まれ変わった掌動Wを詳しく見ていきましょう。



「左 翔太郎」と「フィリップ」が「ダブルドライバー」と
それぞれが最も適合率の高いガイアメモリである「ジョーカーメモリ」と
「サイクロンメモリ」で変身した「仮面ライダーW」の基本形態。
適合率の高さ故に全フォームの中でも最もバランスが良く、使用頻度が高い。
また「エクストリームメモリ」に対応するのもこの形態のみである
専用武器を持たず、風の属性を付与した格闘攻撃を得意としている。


過去作と比べ明らかに右半身のメタリックグリーンの塗装が薄くなっています。
「コンバージモーション仮面ライダー」でも薄くなっていたし
この色が劇中に近いという事なのでしょうか。
造形については細かい所までモールドが追加され
大変に見ごたえありますね。
特に頭部のアンテナは材質も硬質素材に変えられ
シャープになっています。
曲がる心配がありませんが、代わりに折らないように注意が必要。


ベルトの造形から太腿を繋ぐパーツまでスーツのラインが細かく入っています。
ただこの股関節部分に難があり、
そのままの状態では脚をきちんと閉じる事ができません。
先程の全身写真位でギリギリです。
脚を閉じる為にはの股関節を引き出して
可動域を広げる必要があります。


引き出しさえすれば他のSHODO仮面ライダーシリーズ同様、
膝立ちから飛び蹴り等、自在にポージングが可能。


背中に装着するマフラーは別部品を背中に差し込む仕様になってます。
角度を変えて差し込めば風になびくマフラーを再現する事ができ
ポージングに幅も広がりますね。


更に拡張パーツセットには大きく広がった状態のマフラーが付属。
差し替えればこれが中々の格好良さ。お勧めです。
 

スポンサーリンク

(一言)


流石は幾多のSHODOシリーズを経て登場した最新作。
造形、可動、塗装のあらゆる要素が旧作より遥かにパワーアップしてます。
不満点は先程の股関節の仕様以外は
マキシマムドライブで身体を半分に分割できない事位。
幸いにも1BOXに2個のアソートが確定してますし
ご興味あればぜひ手に取って遊んで頂きたいです。




にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ 

プレミアムバンダイ
プレミアムバンダイ
プレミアムバンダイ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す