3インチトイワールド 仮面ライダーの世界

3インチトイワールド・3inchトイ&ホビーで「仮面ライダー」の世界、をご紹介

SHODO-O仮面ライダー5・仮面ライダーレンゲル

calendar

「俺は、俺は・・・仮面ライダー、仮面ライダーレンゲルだ!」


本日は「SHODO-O仮面ライダー5」より
仮面ライダー剣4人の戦士の最後の1人、仮面ライダーレンゲルをご紹介。
SHODOシリーズで先に登場した3戦士に劣らない
素晴らしい出来となっています。



伊坂(ピーコックアンデッド)のマインドコントロールで操られた
高校生の「上城 睦月」が「レンゲルバックル」と
スパイダー(クラブA)のラウズカードで変身した姿。
仮面ライダーブレイドや仮面ライダーギャレンを研究して開発された
「ラウズバックル」の能力もあり、基本スペックは2人の通常形態を上回る。
だが「スパイダーアンデッド」邪悪な意思により
変身後に体を奪われ暴走する欠点があった。
睦月は自身を鍛え、仲間たちの協力と自らに封印したアンデッドの助けをも得て
スパイダーアンデッドの呪縛を打ち破っている。


ブレイドの3戦士(ブレイド、ギャレン、カリス)まで揃えたなら
是非手元に置きたい最後の仲間、レンゲル。
プレミアムバンダイ限定になることもなく、無事一般発売で入手できたのは
大変に喜ばしい(代わりにブレイドキングフォームが限定になった模様)。
金塗装が非常に綺麗。頭部やバックルの塗り分けも上々です。


手にする専用武器「醒杖レンゲルラウザー」は
硬質素材製のしっかりした造り。長さも十分あって満足の出来栄えです。
レンゲル本体の可動も優秀。普通に股関節引き出し機構もあり
足回りの可動も自在です。


付属品として握り拳、指を揃えた開き手、武器持ち手の他に
ラウズカードを持った手首が付属。
しかもカード1枚持ち、2枚持ち、3枚持ちの3種が付属。
これは先行発売の3戦士同様です。
ブレイドシリーズに注がれた愛情の深さが成せる業。


師である「橘 朔也=仮面ライダーギャレン」と共に。
SHODOシリーズでこの並びが実現できるとは思ってもみなかった。
しかも一般発売。つくづく良い時代になったものですね。
 

スポンサーリンク

(一言)


「仮面ライダー剣」とは、運命に翻弄され
それでも立ち向かった4人の主人公達の物語。
4人揃えてこそ意義がある、と個人的に思っております。
実際揃えれば満足度が半端ない。
一つ一つの完成度も同シリーズ内でも非常に高い良アイテムです。
このこだわりの完成度で、同じカードを操るライダーとして
「仮面ライダーディケイド」のリニューアルもお願いしたいところ。
勿論「ライダーカード」を持った手首付きで。

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ 

プレミアムバンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder レビュー(ライダー昭和)

一文字 隼人
仮面ライダーアマゾン
ライダーマンマシン
一つ目タイタン
more...