3インチトイワールド 仮面ライダーの世界

3インチトイワールド・3inchトイ&ホビーで「仮面ライダー」の世界、をご紹介

SHODO-O仮面ライダー10・エボルト(究極態)

calendar

『オーバー・ザ・レボリューション!!』


食玩「SHODO-O仮面ライダー10」より
今回は仮面ライダービルドの悪の大ボス、エボルト究極態をご紹介。
SHODO-Oシリーズでは各形態で3度も立体化されてますが、
今弾のエボルとは一味違う迫力の出来栄えです。



仮面ライダーエボルがパンドラボックスの力と地球や月の一部を取り込んで
「ブラッド族」の姿を取り戻し、更に両肩の寄生生物
「エボルティヴォイダー」を具現化させた究極の姿。
一挙手一投足が災害規模の破壊を巻き起こす、破壊の権化である。


SHODO仮面ライダーでは恐らく最大規模のボリュームを誇ります。
収められている状態で既に箱がパンパンに膨らんでるという、
コスト度外視の大盤振る舞い。成る程1BOXに1個しかないわけだ。


ただそのままの状態では箱に収まらなかったようで、
両肩の「エボルティヴォイダー」は別部品で外れた状態で入ってます。
まず両肩に差し込む必要があります。


余談ですが「エボルティヴォイダー」の無いこの状態で、
両腕の大型の籠手が無くなれば
強化前の「エボルト怪人態」になります。
腕に自信ある方は改造してみてはいかがでしょう。


前弾の仮面ライダーエボル・ブラックホールフォーム」と比較。
体型もデザインも全く違いますが、
どちらも体表の造形が凄まじく細かく見ごたえがあります。


大きな身体の中は空洞、という訳ではなく、
全身に「掌動」シリーズと同じ最新型の可動関節が仕込まれています。
もちろん股関節も引き下げる事が可能。


豊富な可動箇所があるのですが、
腕脚含む全身の部位全てが「太い」為、
可動域自体はかなり狭いです。
肩の前後可動まで駆使しても腕は水平に上げるのがやっと。
腕の先にあるツメは「開いた状態」と「閉じた状態」の2種から
選んで付け替える事ができます。
 

スポンサーリンク

(一言)


可動こそいまいちですが、圧倒される迫力ボディが魅力的。
立たせてるだけでも満足度高いです。
折角の敵側を立体化するシリーズなのですから、
今後もエボルトみたいな迫力の人外キャラを
どんどん立体化して欲しい物です。




にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ 

プレミアムバンダイ
プレミアムバンダイ
プレミアムバンダイ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す