3インチトイワールド 仮面ライダーの世界

3インチトイワールド・3inchトイ&ホビーで「仮面ライダー」の世界、をご紹介

SHODO-X 仮面ライダー11・ライダーマン

calendar

「復讐の鬼だ!」


SHODO-Xシリーズ最新作「SHODO-X 仮面ライダー11」より
今回はSHODO-X 昭和ライダー「栄光の七人」残り最後の一人、
「ライダーマン」をご紹介。
SHODO仮面ライダーVSでも初期に発売されており、
今回の再登場を心待ちにしていた方も多いと思われますが・・・



元デストロンの科学者だったが「ヨロイ元帥」の裏切りにより
片腕を奪われた上その地位を追い落とされる。彼は「ライダーマン」を
名乗り、復讐の為に戦いを始めるが・・・。
身体を完全に改造してはいない為、能力は他の仮面ライダーよりも劣るが
右腕の「カセットアーム」を駆使し果敢に戦う。


過去作の流用箇所無く完全新規ボディで蘇ったライダーマン。
若干大きめでバランスも改良された頭部が一目でわかる過去作との違いです。
造形は大したものですが、しかし塗装にはちょっといただけない箇所が・・・


それはこちらの頭部です。
口元の肌色の塗りが厚く折角の口の造形が潰れかけている。
肌色を含め塗装のはみ出しが頭部に集中しているのも残念。
今回のライダーマンに限ってはどことなく塗装の粗さを感じますね。


それと先程のヘルメットのラインの一部、手袋やブーツが
以前はシルバーで塗装されていた箇所がすべてグレーで塗装されています。
コンバージシリーズでもシルバーで塗装されていただけに
少し違和感を感じます。
付属品は差し替え手首と脚の簡易台座のみ。
カセットアーム各種は全て拡張セットに付属。


可動に関しては最近のSHODO-Xシリーズに準拠。
股関節引き出し可動も標準装備でご覧の通り膝立も楽々。
バイク搭乗の際にも大いに役立ってくれることでしょう。



拡張パーツセットからパワーアームを先に拝借しました。
個人的にライダーマンはこの姿の方がしっくりきますね。
ただエグゼイドと同じ弾である影響か、
カセットアームはピンクの成型色に塗装で仕上げられてます。
何かのはずみで傷をつけると
「ピンク色の傷」が目立つことになりそうなのでご注意を
 

スポンサーリンク

(一言)


本体の造形や改良された可動など、旧作よりも優れているはずなのですが
どうも塗装の粗さと地味になったグローブ&ブーツで
外見的に損をしている印象があります。
塗装がきれいで派手なエグゼイド勢と比べると猶更。
よもや「手を抜いた」とは思いたくありませんが、実際出来栄えは・・・。
もうちょっと頑張って頂きたかった所です。




にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ 

プレミアムバンダイ
プレミアムバンダイ
プレミアムバンダイ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder レビュー(ライダー昭和)

SHODO仮面ライダーVS3・一つ目タイタン
S.I.C.匠魂 サイクロン号
ブラック将軍
一文字 隼人
more...