3インチトイワールド 仮面ライダーの世界

3インチトイワールド・3inchトイ&ホビーで「仮面ライダー」の世界、をご紹介

SHODO-X 仮面ライダー10・ブルーバージョン

calendar

『どんな悪路も走破するスーパー1のもう一つの専用マシン』


食玩「SHODO-X 仮面ライダー10」の今回のバイク枠は
「仮面ライダースーパー1」の2代目の専用マシン
「ブルーバージョン」をご紹介します。
今回も「A-SIDE」「B-SIDE」の2箱分のパーツを組み合わせる事で完成します。


「ブルーバージョン」とはスーパー1が所持する惑星開発用マシンの1つ。
高速走行に特化した「Vマシン」と違い、機動力に特化し戦闘時に多用される。
敵に体当たりし粉砕する「スーパーライダーブレイク」を必殺技に持つ。


SHODOスーパー1のバイクとして立体化に選ばれたのは
このブルーバージョンでした。
流石に「Vマシン」ではパーツが何箱あっても足りないか。
なんとなくプレミアムバンダイで発売されそうな気もします。
それはさておき、
このブルーバージョンも今までのSHODO-Xシリーズ同様に完成度高し。
一部不満点がありますが。



前面の大型のクリアパーツや白ライン、側面のVマーク等
ここまでは申し分なし、なのですが・・・


唯一にして最大の減点ポイントは後部の大型アンテナ。
実はこれが軟質素材製なのです。
これだけの長さで軟質素材製となれば、そりゃあ曲がるでしょう。
お湯に浸けても見たのですが真っ直ぐにはなりませんでした。
恐らく折れ対策の為の軟質素材なんでしょうが、何とも締まらない姿に。



SHODOスーパー1を搭乗させた状態。
股関節可動の恩恵でシートに深く腰掛けたまま
フットペダルに脚を掛ける事ができます。
 

スポンサーリンク

(一言)


久々に(個人的には)惜しい出来のバイクとなりました。
緻密な造形を誇るライダーバイクの精巧なミニチュアが、
アンテナの曲がり具合で一気に普通の玩具になってしまう。
ここはなんとか硬質素材でビシッと決めて欲しかった。
多少長さが短くなっても全然かまわないので。
余談ですがこのブルーバージョンはA,Bパーツどちらも
1BOXに1個ずつしか入っていません。
ご購入はお早目をお勧めします。




にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ 

プレミアムバンダイ
プレミアムバンダイ
プレミアムバンダイ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder レビュー(ライダー昭和)

SHODO仮面ライダーVS3・一つ目タイタン
S.I.C.匠魂 サイクロン号
ブラック将軍
一文字 隼人
more...