3インチトイワールド 仮面ライダーの世界

3インチトイワールド・3inchトイ&ホビーで「仮面ライダー」の世界、をご紹介

掌動-XX仮面ライダー・仮面ライダーBlack RX

calendar

「この世に光がある限り、俺は何度でも蘇る!!」


食玩「掌動-XX仮面ライダー」より今回は「仮面ライダーBlack RX」をご紹介。
同弾Black同様、SHODOシリーズでは3回目の立体化。
外見もですがやはり可動の進化が素晴らしいです。



新たな侵略者「クライシス帝国」に拉致され、変身機能を破壊されたのち
宇宙空間へと追放された「南 光太郎」。しかし「キングストーン」が太陽光線を
直接浴びた事で肉体は新たな姿へと転生を遂げた。
「仮面ライダーBlack RX」の誕生である。


Blackと同じくアンテナが頭部と一体になっている点を除けば、
外見はSHODO-X時代のBlack RXとも違いが分かりにくいです。
昔っから見た目は(正面側は)ほぼ完璧でしたからね。


しかし可動については大幅にパワーアップです。
何よりも過去作ではほぼ不可能だった腕を上げるポーズが
ここまで可能なのですから。
新規の独特の指形状の手首で尚ポーズが映えます。
但し肩アーマーは軟質素材製なので
このまま腕を上げっぱなしにすると
肩アーマーに癖がついてしまうのでご注意。


肩の前後可動追加で腕周りの可動は非常に優秀ですが、
一方今弾から取り入れらえた腹部の新規可動については
RXはBlackやクウガ、ゼロワンの様には動きません。
全てはお腹まで覆う形の装甲の形状の為。
回転可動がやっとぐらいでしょうか。その点は残念です。



下半身は他のライダー同様良く動きます。
股関節引き出し機構もいつも通り。
キックポーズの決まる可動域はライダー玩具では必須ですね。
 

スポンサーリンク

(一言)


流石は3度目の立体化。この小サイズの玩具化では
もうこれ以上が無い完璧な仕上がりとなっています。
飾っても可動させても良し。しかも次回作「掌動-XX仮面ライダー2」では
(おそらく)同じ良質な可動域のバイオライダーと
ロボライダーまで揃うのだからBlackファン冥利に尽きますね。
「リボルケイン」については拡張パーツセットでご紹介します。




にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ 

プレミアムバンダイ
プレミアムバンダイ
プレミアムバンダイ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す